月別アーカイブ: 2020年4月

はじめまして

はじめまして、さとーと申します。特に個性の無い名前ですみません(笑)

本当はもっと個性的な名前にした方が良いのかなーとか考えていましたが、最終的にシンプルなものにしました。

こっちのほうが覚えられやすいし、仮に呼ばれても本名に近い名前なので自分も違和感ないですからね(笑)

このブログの方針ですが、正直な所まだハッキリとは決まっていません。

ただ、僕のように自分に自信の無くて毎日のように自分を追い詰めちゃっているような人の励みになる、変われるきっかけになるようなブログにしていきたいと考えています。

こんな偉そうなことを言ってますが、僕自身もまだ何かを成し遂げている訳ではないです(笑)

軽く、僕がどれだけ大した事ない人間か紹介しておきますね。

現在、僕は会社員として勤めています。

しかし、頭の回転が悪いのでトラブル対応の時は対して貢献も出来ず、普段の仕事自体も効率良く出来る訳では無く、むしろ悪い位でした。

こんな感じの社員なので勿論会社での評価は悪く、会社からは「いてもいなくても変わらない様な奴」として扱われており、上司から同期や後輩の凄さを聞かされながら死んだような眼をして仕事をする毎日を過ごしています。

学生時代もテストの成績は180位中150~160位という下から数えた方が早い順位でしたし、運動神経も悪かったので体育の時間はとても苦痛でした(笑)

こんなでも容姿が良ければまだ良かったのですが、見事に容姿も下から数えた方が早いです…(笑)

こんな感じなので高校生くらいから「どうせ自分なんて底辺で這いつくばって死んでいくだけの人生がお似合いなんだろうな…」と考えていました。

もちろん、「こんな人生が続くなら死んだ方が良いかもしれないな~…」と思った事も数えきれない位あります。

社会人になってもこの考えは変わりませんでした。

ですが、ネットビジネスを調べている時に辿り着いたある人の話を読んだ時に「自分も変われるかな…変われたら人生も楽しく生きれるのかな…」と思う様になりました。

その方はいわゆる発達障害を患っており、アルバイトを何回も首になった経験があるような状態でした。

ですが、今では月収何百万というような収入を得ているとブログで語っていました。

その方が言っていた「ネットビジネスは頭の良し悪しや仕事の出来る出来ないは関係ない」という言葉に感化されて、ネットビジネスの世界に飛び込みました。

「そもそもなんでネットビジネスなんて調べてるの?」と思う方もいるかもしれませんのでちょっとキッカケについてお話します。

とは言っても、ただ「家から動かずにPCだけでお金稼げたら最高だよな~」「価値観の違う上司や自分より仕事の出来る後輩に嫌われないよう気を使ったりする生活からおさらば出来るよな~」っていう軽い動機で調べ始めたというだけですけどね(笑)

ただ、今となってはその「軽い動機」を持った自分に感謝しています。

それが無ければ僕は今頃、上司や後輩にヘコヘコしながら奴隷のように働いていたのかもしれません。

さて、本題に入りますが、僕がこのブログを読んで下さった方に何を伝えたいかというと”自分で考えてお金を稼ぐことで人生は楽しくなる”という事です。

もちろん稼ぐ金額が高い方が良いですが、一番大切なのは「お金を稼いだ」という実績です。

実績があればそれが自信となり、さらに稼ぐ為の行動に移る事も出来ます。

ですが、一番僕が身をもって思った事は「劣等感の強い人間程、自信を身に付けた瞬間に一気に人生が変わる」という事です。

僕は収入や実績としてはまだまだですが、以前と比べて行動力が明らかに増しました。

以前であれば「どうせ失敗するから止めておこう…」と考えたかと思いますが、「自分だけで考えた物でお金を稼ぐ事が出来た」という実績があるからこそ「自分なら出来る」とまでは行かないものの「出来るかもしれない…」位に思えるようになったんですよね。

普通の人にはわからないかもしれまんせんが、これって個人的には凄い変化だったんです。

少し稼ぐだけでもこういう変化があるなら、もし本格的に稼ぐ事が出来れば本当に人生が変わるのかもしれない。と真剣に考え始めて今に至ります。

ちょっと話が長くなってしまいました。すいません(笑)

とにかく、これから僕は人並みの自信を手に入れて幸せに生きたいと思っています。

そして、その為にしてきた事・するべき事を多くの人に共有して行きたいと思います。

「こんな奴でも出来るなら俺はもっと成果を出せる!」でもなんでも良いんです。

とにかく、自信が持てず控えめに生きる事を強いられてしまっている様な状況にいる人の助けになれればと思います。

その為にも自分の人生を賭けて頑張りたいと思っていますので、これからよろしくお願い致します。

ここまで読んで下さりありがとうございます。